五十肩の治療方法

五十肩の治療 安静

五十肩は、老化による加齢的変化などで、硬くなった肩の関節や周辺部が炎症を起こして、 痛みが走ったり腕があがらなくなったりするもので、肩関節周囲炎などとも呼ばれます。 五十肩の治療は、激しい痛みが伴う時にはまず安静にすることが一番です。 そして冷やさないようにすることが大切です。五十肩には冷えが大敵です。 特に寝ている間の肩の冷えには注意しましょう。 出来れば蒸しタオルやお風呂で温めてください。 五十肩の痛みには温めるのが効果的です。

五十肩の治療 痛みをとる治療

肩の痛みがいつまでも収まらない時や、ひどい痛みがあるときなどはやはり専門医を訪ねてみましょう。 一般的に、五十肩の治療は、安静〜痛みをとる治療〜運動という順に進みます。 痛みが激しい場合は、消炎鎮痛剤が処方されます。 痛みが和らいできたら次に、運動療法へと進みます。

五十肩の治療 運動

五十肩の治療の中心は運動療法といわれております。 あまり激しい痛みの場合には、絶対安静なのですが、ある程度痛みが和らいできたら、 運動療法が五十肩の治療には効果的です。 五十肩は老化現象による、拘縮が原因とも言われております。 つまり肩関節を構成する骨・軟骨・靱帯・関節包・筋肉などが、ちぢむわけですが、 癒着を防ぐ意味でも、運動療法はとても大事な治療法となります。 アイロン体操・壁押し体操・タオル体操・机体操といったような ユニークな体操療法などがあるようです。 痛くない範囲で、動かせる範囲まで少しでも動かすことが 大事であるといわれております。 ただし痛くない範囲で……、無理は禁物です。 また、肩だけでなく、腰や膝のストレッチを行なうことにより、 結果的に肩関節周辺の慢性的なストレス状態が緩和されるということもあるようですね。

五十肩 鍼灸治療

五十肩には、鍼灸治療がよく効くことで知られています。 鍼灸の鎮痛作用は、激しい三叉神経の痛みを和らげたりすることでよく知られておりますが、 過去の臨床例からも、五十肩に対する鍼灸治療の有効率は90%以上とも言われているようです。 鍼灸は副作用のない治療法ですし、いろんな治療を試してみても、 なかなかよくならないという方は、一度、鍼灸治療を受けるのもよいかもしれません。 治療は、痛みがあるところのツボや、また痛みと関連する部位などを中心に行なわれます。 慢性五十肩の場合は、温灸で温めることが、よい結果を生むようですね。

リンク集

プライバシーポリシーについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用することがあります。(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。マリッジブルーtop