マリッジブルー 対処法

マリッジブルーとその原因

マリッジブルーというと、男性より女性というイメージがありますが、実際は男女の区別なく現れるようですね。ある結婚情報機関のアンケート調査でも、結婚を間近に控えた男女について、「結婚することについて不安があるか?」との問いについては、男女の7割程度が「不安がある」との回答があったということです。

 

確かに、生活も今までの独身生活から一変するわけだから、不安があるというのも、よく分かる気もしますね。

 

そのマリッジブルーになる原因については、人それぞれ事情も違うので色々あるでしょうが、一般的には男性の場合と女性の場合だと違うようです。

 

男性の場合だと、これから一家の大黒柱としての責任の重さ(責任感・プレッシャー)、そして経済的な面での不安(自信のなさ、将来に希望が持てない社会に対して子供を育てていけるのか?)といったようなことが、根底にはあるようですね。それに対し女性の場合は、「本当にこの人と結婚していいの?」みたいなパートナーへの信頼という面で、急に不安になる方が多いようです。また嫁姑(舅を含む)問題の不安や、今の仕事をやめるといった場合の不安なども絡んでくると、マリッジブルーという症状が強くでるようです。

 

また男女限らず共通して見られる原因としては、結婚することによって、自由が奪われる(金銭的、時間的、精神的)ということへの恐れ、また自分の家族とパートナーの家族を比較してしまい、優劣感(主に劣等感)なども原因の一つと考えられます。

 

いずれにせよマリッジブルーとは、結婚することによって起こるであろう「変化への恐れ」が原因であるといえますね。

 


マリッジブルーの解消法

マリッジブルーの解消法について考えてみましょう。

 

どうしても女性の場合の方が男性よりもより深刻に悩む方が多いようですね。女性の場合マリッジブルーに陥ると、これからの結婚生活のすばらしい未来のことよりも、結婚に対する不安の方が上回ります。そんなときは、結婚する相手によく相談することが大事ですね。

 

そしてもう一度、なぜ彼と結婚したいと思ったのか?を思い出しましょう。不安な点を全て吐き出して聞いてもらいましょう。その際、男性側で大事なのは、ちゃんと聞いてあげることです。

 

「相手が話をしている間は口を挟まない」こと、「どちらの意見が正しいか」という論争をしないことです。きっと心がスッとするはずです。そしてしばらく休養しましょう。自分自身を休憩させてあげてください。

 

時間が解決してくれるということもあります。実際「結婚したらもうマリッジブルーじゃなくなった」という声はとても多いと聞きます。とにかく考えすぎないことですね。見方を変えてみましょう。

 

これからは一人じゃなくて、彼と二人なんです。一人の時より心強いですし、何事も二人でなら乗り越えられるというように、見方を変えてみましょう。

 

マリッジブルーは素敵な家族づくりのスタートラインなのかもしれません。

 

その先には明るい未来が、子供たちの声が………。


参考リンク

プライバシーポリシーについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用することがあります。(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。top 銀座カラー 横浜 銀座カラー 仙台 シースリー